介護実践力向上プログラム

第3期(2015年7月〜開催)   ⇒終了いたしました



団塊世代が後期高齢者に達する2025年を目前に控え、成長産業としての介護業界に注目が集まる一方で、業界の健全な発展には人材育成・定着への対応が急務かつ最大の課題とされています。

10年後を見据えて『人財』を育てながら今を乗り切る具体策が『介護実践力向上プログラム』です。

この職業訓練は、東北福祉大学 予防福祉健康増進推進室が主催し、株式会社福祉工房が研修事務局を運営します。




logo 介護実践力向上プログラムの特徴

東北福祉大学を中心とした講師陣による質の高いカリキュラム構成となっています。

演習、グループワークをふんだんに取り入れた、より実践的な内容を提供いたします。

演習、グループワーク2カ月に1回程度の開催で無理のない参加が可能です。

受講にあたって、厚生労働省の職業訓練助成金(キャリアアップ助成金、キャリア形成促進助成金など)を活用することができます(※適用条件あり)。      ⇒詳しくはコチラ

logo 受講者の声

『介護実践力向上プログラム』では、講義だけでなく演習や体験を組み入れた実践的な学習を行います。
これまでの参加者から「すぐに仕事に生かせた」「利用者の表情が変わった」など、 喜びの声が多数届いています。

認知症ケアを実践していくヒントを学びました!
--------------------------------------------------------------
認知症の方ご本人の声を聞くことで、どれだけ大きな不安やイライラ、混乱を抱えて生活されているのかを知り、自分のこれまでの介助の仕方、言葉かけに配慮や思いやりが無かったと気付かされました。
時間や業務に流されずに、毎日利用者の方が望んでいる事を少しでも考えてから毎日業務に当たりたいと思いました。
( 特養 / 介護員 / 20代女性 )
--------------------------------------------------------------
自分自身の勉強が不足していることから、利用者の方に不快な思いをさせてしまっている事に気付いたので、研修で学んだ事を通して個々の利用者様に安心を提供できるように改めて努力したいと思います。
また、この学びを職場でも伝えて行き、全体でより良い関わりが行えるようにしていきたいです。
( 老健 / 生活相談員 / 20代男性 )
訓練の様子
自立支援をスムーズに…
--------------------------------------------------------------
毎日、食事や入浴・睡眠・排泄だけで一日が終わってしまっているような日が多く、入所者だけでなく自分自身も不満を抱えているところがありましたが、アクティビティ等を通して、生きる意欲や活気を取り戻す事ができるような介護をして行きたいと感じました。
( 特養 / 介護員 / 30代女性 )
--------------------------------------------------------------
他事業所の方々とのグループワークによる交流によって体操指導における声のかけ方や、注意するポイントを整理できました。また、それが刺激にもなりました。
指導するにあたり、簡単な動作で、効果的に分かりやすく、という部分も客観的に確認する事でレベルアップになると思いました。
( デイサービス / 看護師 / 30代女性 )
訓練の様子
生活支援から看取りまで、寄り添っていきたい
--------------------------------------------------------------
「少しでも食べて欲しい」「少しでも元気になってほしい」という思いで介護をしていますが、高齢になればなるほど何が起きても当たり前。
何かあった時に直ぐに病院に運ぶことが果たしてその方にとって良い事なのか、改めて考えさせられました。
看取りケアを行う上では、医療、看護、介護のコミュニケーションが欠かせず、日頃からの家族との十分な話し合いが家族の不信や誤解を防ぐことに繋がると思いました。
( 特養 / 生活相談員 / 30代男性 )
--------------------------------------------------------------
今までリハビリ=OTと任せている部分が大きく、動作を細かくアセスメントし意識した事がありませんでした。
今回の研修を受けて、どの動作にはどの関節が動き、どのような筋肉が必要なのかを意識しながら介助をしていく必要性を感じました。
( 老健 / 介護補助 / 20代女性 )
訓練の様子

ページトップヘ▲

logo 施設長の声

職場内での伝達研修もしっかりできており、サービスの質の向上に繋がっている。

( 特養 / 施設長 )
内部研修と違い、外部研修では他施設の職員と交流を深め意見を交わす事ができるので、本人にとって良い刺激となっている。
( 特養 / 人事責任者 )
月1回のペースなので、シフトに無理なく参加させる事ができた。


( デイサービス / 施設管理者 )

logo 訓練カリキュラム及びおすすめ訓練コース

<2015年 3期 仙台開催>

ページトップヘ▲

logo おすすめ訓練コースのご案内

おすすめ@認知症ケア実践コース

  ※訓練コース(A1・B1・C1)の詳細はこちらをご覧ください。

カリキュラムダウンロード

ページトップヘ▲

おすすめA自立支援スキルアップコース

  ※訓練コース(A2・B2・C2)の詳細はこちらをご覧ください。

カリキュラムダウンロード

ページトップヘ▲

おすすめB介護総合コース

  ※訓練コース(A3・B2・C3)の詳細はこちらをご覧ください。

カリキュラムダウンロード

ページトップヘ▲

logo 活用可能な職業訓練助成金

職業訓練助成金のご案内

本訓練の受講にあたって、厚生労働省の職業訓練助成金を
活用することができます(※適用条件あり)。

 ◆ キャリアアップ助成金 (非正規雇用社員対象)

PDF

 ◆ キャリア形成促進助成金 (正規雇用社員対象)

PDF



logo 募集概要

 定員

各30名(最少催行人数:各15名)

*参加者多数の場合は、人数調整をさせていただくことがあります。

 受講料

各63,000円(税込68,040円)

*教材(テキスト・教具、材料・実践CD/DVD等)を含みます。
*事業者様・参加者様都合による取消の場合は下記料率でのお支払いが発生します。

取消申出時期(下記営業日で承ります) 取消料割合
開始日の前日から起算して、30日〜8日目まで 受講料の 10%
開始日の前日から起算して、 7日〜1日目まで 受講料の 30%
当該カリキュラム開始日以降 受講料の100%

 対象者

介護医療事業従事者(新人から管理職まで幅広く対応)

 会場

東北福祉大学 仙台駅東口キャンパス
〒983-8511 仙台市宮城野区榴岡2丁目5番26号 【JR仙台駅東口2出口(地下自由通路経由)から徒歩1分】

 主催

東北福祉大学 社会貢献・地域連携センター 予防福祉健康増進推進室

ページトップヘ▲


logo お申し込み

下記ボタンをクリックし、お申し込みフォームに必要事項を入力のうえ、お申し込みください。

web申込

*FAXでのお申し込みはコチラから



logo お問い合わせ

仙台元気塾 教育研修センター事務局 (株式会社福祉工房 内)

〒981−0943
宮城県仙台市青葉区国見一丁目19−6 2階
TEL:022−727−8821  FAX:022−727−8825  メール:kensyu@tfu-ac.net
WEBお問合せはコチラから